告白 シチュエーション

告白のシチュエーション

告白は相手との距離感が大事になってくるのですが、相手との距離がもう一歩という時であればシチュエーションを整えると良いでしょう。
ではどのようなシチュエーションが良いのか。

「演出」は大事です

これは「演出」と言い換えても良いかもしれません。
女性は雰囲気に弱いものです。
ごく自然に告白するのも良いのですが、ムードを演出するのも良いでしょう。例えば酒席。お酒が入っている時にはテンションが高まるものですが、チェーン系の安い居酒屋での告白は論外です。
女性心理からすると「自分にはチェーン系程度の価値しかないのか?」と思ってしまうでしょう。
ですがちょっと洒落た、隠れ家的なバーですと女性からするとそれだけで良い気分になるものです。

お酒の力を借りてみる?

そこでお酒が入った際に告白…ともなるとシチュエーションとしては完璧でしょう。
気を付けなければならないのは、「安っぽさがないか」という点です。実際にお金がかかっていないかどうかではなく、すぐに出来るような事よりも非日常。これが重要なポイントです。
「ドライブの最後にトランクからバラを出して告白」はバブル時代のありがちなシチュエーションではありますが、このような告白をされる女性はそうそういないでしょう。
非日常の演出という点に於いては中々有効な手段ですよね。

 

シチュエーション・演出、これは相手の女性に「自分のためにここまで?」と思わせる事が出来るかどうかなのです。
女性からすると、自分のためにそこまでしてくれるという事はそれだけ自分の事が好きなんだと判断する事が出来ますよね。

労力、これがテーマです

例えば人伝にメールアドレスを聞いてメールでの告白。
これは何の手間もかかっていませんよね。
一方相手の好みをレクチャーして相手の好みに近いお店を用意したり、非日常を演出する。どちらの方が女性が「私のためにここまで…」と思うのかは敢えて名言する必要もないでしょう。
このように、女性に告白する際には「非日常感の演出」と「相手のために何をしたか」が重要になってくるのです。
学生であれば必死さも良いでしょう。
ですが大人になってくると、気持ちは形として表さなければ相手に伝える事は出来ないのです。それが「演出」になってくるのです。
先に言葉はシンプルで良いとお話しましたが、シチュエーションに凝れば凝るほど、言葉などいらなくなってくるのですから、むしろシチュエーションにこそこだわるのは当然の話しでしょう。
楽して手に入る訳ではないのです。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!