モテる メール

女性にモテるメールの書き方

女性にモテるメールを書くコツ。それはまず「他人に向けて文章を書くこと」です。

 

日ごろから文章を書き慣れている人。例えば小説家や作家、作詞家やその卵はもちろん、ブロガーやSNSで日記を公開している人はモテるメールを書きやすいのです。

 

彼らは文章が人に読まれることを前提としています。

 

では女性モテるメールはどのような書き方が良いのでしょうか。

 

絵文字や顔文字を使うのは最低条件だと考えるべきでしょう。

 

それを「男のやる事ではない」と考える人は、申し訳ないのですがそのままモテないままでいるしかないでしょう。

 

奇跡でもおきない限りそのままです。

 

自分を受け入れてくれる人がいつか現れると思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、そのような女性が現れないから今のような状況になっていると思いませんか?

 

>> 女性の心を奪うモテメール術とは?

メールを読んでもらう意識から

まずは「読んでもらう」為に、意識から変えていくようにしましょう。

 

顔文字や絵文字は自分の表情を相手に伝えるため、相手のためのものなのです。

 

さらに文字だけのコミュニケーションとなるメールでは文章の書き方がとても重要。

 

「会話なら問題ないのに」という言葉でも表現方法には十分に注意しましょう。

 

些細な言い回しが原因で相手に不愉快な思いをさせることもあります。

モテるメールは女性に対する洞察力とマメさから

私の実体験をお話しします。私はモテない、口ベタな男でした。

 

しかし、だからこそモテるメールテクニックを習得できたのだと思います。

 

話すことが苦手だからこそ、何気ないきっかけを探してメールをする。これが出来るとモテるメールがしやすいのです。

 

今からご紹介するテクニックはインターネット時代を活かしたもの。

 

例えばブログのURLを知っている女性やSNSで繋がりのある女性に対しては特にやりやすい。そういうものです。

 

多くの女性はかまって欲しい時にtwitterやmixiのつぶやきにネガティブな発言を呟きます。

 

また、ブログを持っている女性は自分のネガティブな感情を書くのです。

 

「誰かに対して分かって欲しい」という気持ちを汲み取るようにしましょう。特にこのタイミングはデートに誘うには絶好のチャンス!

 

例えば「最近元気なさそうだね。大丈夫?今度話くらいなら聞くよ。

 

ご飯でも奢るからさ」という風に、自然なメールをすれば女性も好意を抱きやすいのです。

 

もちろん、タイミングもあるでしょうし小まめにチェックすることが肝心です。

 

しかし、相手のインターネットツールに関する情報を知っているのであればそれを使わない手はありません。

 

意中の女性が普段から何を考え、どのような行動をしているのか、興味のある男性も多いでしょう。

 

だからこそ、モテるメールをするにはインターネットのツールを有効活用するのです。女性の気持ちを上手く把握し、的確なメールを送れるようにしましょう。

 

>> 女性の心を奪うモテメール術とは?

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!