メール 口説く

メールで女性を口説く方法とは

メールもコミュニケーションです。メールでそのまま女性を口説きたいと思っている人もいるかもしれませんが、メールで口説くのはいろいろなものを利用しなければなりません。
なぜなら、メールは読む時間によって印象が大きく異なるからです。

 

朝や昼間だと周囲が明るい事もあり、暗いメールであっても意外とそこまで深く捉えなかったりします。しかし、夜になると暗いという事、さらには一人居るとメールを真剣に見る傾向がありますので、真剣度が伝わりやすいのです。

 

そのため、距離を縮めるのであれば朝昼、本気度を伝えるメールや勝負メールは夜にしましょう。

時間帯を味方にすること

やはり、メールで口説くのであれば、まずは朝昼でしっかりと「下ごしらえ」をしておかなければならないのです。

 

朝や昼にいきなり夜の事を聞いた所でその日一日の仕事もありますし、更には予定などまだ解らない。気持ちとして嬉しいと思わせる事が出来たとしても、実際に「会う・会わない」はまた別の話になってしまいます。朝、昼はあくまでも距離を縮めるための時間帯と考える方が良いのです。

 

夕方や夜のメールは最初に述べたように真剣味が付与される事になります。デートの誘いや口説く為のメールであれば夕方から夜に送ると効果的。これは大前提です。

 

さらに文面について考えてみると、重すぎると拒否反応を示してしまうのが女性というもの。そのため、明るい雰囲気の中で締める所は締める。そのような形式が良いでしょう。
メールの文中は普通の口調なのに、最後の一行だけ敬語にする。これだけで真剣味を伝える事が出来るでしょう。

真剣味を演出してみましょう

普段、何となく軽いキャラクターの男性の場合、特に効果的なテクニックをご紹介。いつもは絵文字や顔文字を使っているのに、最後の一行、間をあけて絵文字も顔文字もつけない文にする。これだけでも真剣味を演出する事が出来るでしょう。

 

目の前で口説く場合は「勢い」を利用する事が出来ます。要するに「いいじゃんいいじゃん」といったノリを利用する事が出来るのですが、メールの場合相手は「考える」事が出来ます。

 

そのため、いろいろと「考えさせる」メールを送るのです。先の話しで言えば、最後の一行だけ雰囲気を変える事で相手に対して「この人はどんな意図でメールを送ってきたのだろう」と考えさせる事になりますよね。

 

相手を意識させる事も出来るでしょうし、場合によっては相手のスイッチを押す事になるかもしれませんので、メールで口説く場合、勢いが使えない分相手にいろいろと「考えさせる」メールが口説く上で大きなポイントとなってきます。

 

文章の途中でメールを送ったり、小細工を積み重ねたりすることが大切です。まさに「恋は駆け引き」ですね。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!