モテる 会話術

女性にモテる会話術 まとめ

ここまで女性にモテるための会話術をお話ししてきましたが、決して難しい話しはしていないかと思います。
とにかく「聞き役」に回る。これが一番です。

 

「会話術を教えてよ」と思った方も居られるかもしれませんが、そもそも「会話」は一方的にお話しするものではありません。
二人で行なうからこそ「会話」なのです。自分の事を聞いてもらいたい、知ってもらいたいと思う気持ちも解ります。
ですがそれを押し通したところでこれまでモテなかった男性であれば何も変わらないでしょう。
モテるという事をもっと解りやすく考えてみると良いでしょう。

 

モテる、それは「好意を持たれる」という事です。好きになってもらうという事は相手の気持ちが大事なのです。
自分の気持ちではなく、相手です。

大事なのは「相手」です

相手に好かれたいと思ったら相手が望む事をする。
ただそれだけなのですが、モテない男性は自分が行ないたい事、会話であれば自分の事だけ一方的に話し、「凄いだろ?」といった姿勢で接してしまうものなのです。
凄い凄くないかは置いておいて、とりあえず好かれる事はないでしょう(笑)
なぜなら、相手の事を考えていないからです。

 

考えてみてください。

 

自分自身の話など、誰とでも出来るどころか、鏡に映っている自分相手にすら行なえます。
ですが相手との「会話」は相手がいなければ出来ません。
モテない男性が行なっているのは「会話」ではなく、「自慢」「ひけらかし」なのです。
それでは好意をもたれる事はありません。相手を受け止める。
これがとても重要なのです。

相手の問題なんです

自分の話をしても思うように食いついてくれないと、さらに自分のもっとすごい話をしてしまうモテない男性が多いのですが、これはかえって自分自身の印象を悪くさせてしまっているだけでしかありません。
合コンなどでも、必死に自分の話をしている人よりも笑顔で相槌を打っているだけの人の方が好感度が高かったりします。

 

それはなぜか?
モテる。女性から好かれるという事は女性に求められる存在になるという事です。
女性が何を求めているのかは、ここまで散々お話ししましたが、面白い(と思い込んでいる)話しをしてくれる相手ではなく、何気ない自分の話を聞いてくれる人なのです。
この点を理解しておく事は大前提です。

 

モテる男性の中には、相槌だけで女の子をモノにしている人もいるでしょう。
自分の話を必死に頑張っているモテない男性には信じられない話でしょうが、どちらが女性のニーズに応えているのかを考えてみましょう。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!