会話 沈黙

女性との会話で沈黙するなら

女性との会話で沈黙してしまう事もあるでしょう。
これも聞き役に回っていればめったにない事ではあるのですが、女性とてお笑い芸人ではありませんから、全員が全員流暢に何十分、何時間と喋り続ける事が出来る訳ではありません。
所々で自分に話しの主導権が来る事もあるでしょう。
その際に無言になってしまう事もあるでしょう。
無言は意識すればするほどどう脱却すれば良いのか解らなくなってしまいます。

悪循環になりがちです

そして無言の空間を打破しようとすればするほど却って悪循環…といったケースも珍しくないですよね。
そのため、どうすれば良いのか解らず気まずい雰囲気が流れ出すといったケースも珍しくなかったりするのですがこれはお互い話術のプロではないのですから無言になってしまう事など仕方ないに決まっているのです。

 

モテる男性は無言にさせないかというと、時には無言になってしまう事もあるのです。
モテない男性はモテる男性をどこか神格化してしまい、「自分とは違う」といった思いを抱いてしまっているでしょう。
話術にしても「絶え間なく話題を提供し、女性を飽きさせないのだろう」と思っているかと思います。
ですがモテる男性も時には無言の空間を作ってしまう事もあります。
にも関わらず、なぜモテるのでしょう。
これまで「沈黙はダメ」と言われていたのは間違いだったのでしょうか?

沈黙ではなく、沈黙で焦るのがダメなのです

これは沈黙そのものが悪いのではなく、沈黙してしまった時にどうしても「何か話そう」といった思いから余計気まずくなってしまう。その「間」が問題なのです。
つまり、沈黙そのものに気まずさを感じなければ悪いものではないのです。
モテる男性にも沈黙があるとお話ししましたが、厳密に言えばモテない男性には「気まずい沈黙」があるでしょうが、モテる男性には「気まずくない沈黙」があるのです。
この差は大きいでしょう。
相手の女性からすれば、沈黙が自分のせいなのではないかと思ってしまうのですから、男性であれば沈黙は作りたくないでしょう。ですが沈黙してしまう時はあります。
これはモテるモテない関係無しにです。

 

その際、モテる男性は無言でありながらも頷いたり、あるいは視線を向けるなど「言葉」以外で相手を楽しませる事が出来ます。
また、沈黙が続いても「気まずい?」と問いかけるなど、沈黙そのものすら武器にする事が出来てしまうのです。
モテない男性は沈黙から逃げようとしますが、モテる男性は沈黙そのものと向き合う事が出来るのです。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!