会話 安心感

相手が安心する反応の方法

会話の基本、それはとにかく相手を喋らせるという事なのですが、相手が喋り続けるためには必要なものがあります。
それは「安心感」です。実はこの安心感には様々な種類があります。
まずは「喋り続けても良いのか」という思いを持つ女性も多いですから、そのために「それで?」といったように、話し続ける事を促すような相槌が求められます。
「そうなの?」「え、じゃあその後は?」といったような相槌は「もっと喋って」という事です。
そのため、喋り続ける事に対しての罪悪感がなくなる、つまりは安心して喋る事が出来ますよね。
そして「共有してくれるか」という不安もあります。

共有感も大切です

自分の思いを理解してくれるのか。
意見が食い違って言い争いになったり険悪な雰囲気にならないか。
その点を心配している女性も多いですから、安心して喋ってもらうためには「その話解る」というスタンスが大切です。
「なるほどね」といった相槌も良いのですが、「あーそれ解る」といったように、ダイレクトに「解っている」事を知らせる方が良いのです。
「なるほど」の場合そこから反論になるケースもあります。

 

解ってくれると、その際にもそのまま話を続けても良いという安心感が芽生えますので、相手は喋り続てくれるでしょう。
ですが時に相槌を打てない時もあるでしょう。実はそこで会話術が出ます。
それは反論の仕方です。「それって違うよ」といったようなニュアンスで伝えるのは論外です。
相手を尊重するような反論、例えば「それって〇〇さん的にどうなの?」と言ったように、闇雲に反論するのではなく、反論したら「納得させてもらう」というスタンスでいる事が求められます。
「それは違う」ではなく、「え?そうなの?真相を教えてよ」といったスタンスが良いのです。
そして次に喋らせて納得する事で、「この人は自分が喋れば納得してくれる」という安心感を植えつける事も出来るのです。
ですから、話しが盛り上がる直前に一度軽くジャブを入れてみるのも良いでしょう。

安心感を与えましょう

安心感を与える事でより会話が盛り上がる事になるでしょう。
会話もリズムがあります。相手も同じリズムでは飽きてしまうでしょう。
ですから、時に違うリズムにするのは刺激をもたらしてくれるのですが、刺激の後には必ず安心感を与えなければなりません。
その方法が「敢えて反論して納得する」がとても効果的なのです。
安心感が上乗せされるだけではなく「この人は解ってくれる」という新しい安心感まで与えられますから。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!