会話 質問

会話が溢れる質問の方法

女性との会話の際、女性に喋らせるのが鉄板です。

 

自分話なんかするよりも、相手に話をさせておく方が様々な意味で鉄板です。

 

その際、女性に話をさせるという事は、女性が話をしやすい雰囲気を作る事と、女性が話をしても不思議ではないシチュエーションを作る事が大切です。
誰もが芸人根性丸出しな訳ではないのですから、話を振られてもいないのにいきなりベラベラ喋りだす訳ではありません。

 

特に女性の場合、本当は話したいけど、誰にも尋ねられてないし、聞かれてもいないのに話すのは…と思っている人が多いのです。

 

ですがそれなら話しは早いですよね。
聞かれていない、尋ねられていないから話せないのですから、聞いたり尋ねれば良い、ただそれだけです。
ですがこれもただ闇雲に質問するのではなく、相手に「もっと喋っていいんだ」と思わせるような質問や相槌。これが求められるのです。

相槌も立派な「会話術」です

相槌に関しては難しいものではありません。
とにかく心掛けるのは「会話を続ける」という事です。
もっと言うと「相手に続けさせる」ですから、「そうなんだ」ではなく、「そうなの?」といったように、疑問系の相槌が求めらます。
「そうなんだ」「凄いね」といったような相槌の場合、そこで会話が終了してしまう可能性がとても高いです。
相手としても、その後自分が話して良いのか解らないでしょう。
だからこそ、相槌は必ず「相手が喋り続けやすい相槌」を心掛けるべきでしょう。
質問はそれなりにセンスが出ます。

 

まずは反感にならないよう心掛ける事。
怒らせてしまったら元も子もありません。
相手を楽しい気持ちにさせるために話してもらうのですから、怒らせてしまっては意味がありません。

怒らせてしまっては意味がありません

ですので怒らせず、さらには「自分に教えて欲しい」といったスタンスが求められます。
「そうだっけ?」というよりも「どうなの?」といった具合にです。
例えばニュースにしても「昨日のニュース知ってる?」ではなく、「昨日のニュースってどんなのだっけ?」といったように、相手が「YES」「NO」で済ませる事が出来てしまうような質問の仕方ではなく、いわゆる「5W1H」な質問方法が求められるのです。
何をしたのか、どこに行ったのかといったように、とにかく話をさせる事です。
自分自身の興味などどうでも良いのです。
大事なのは「相手を喋らせる」という点なのですから、興味云々ではなく、「相手を喋らせる」点を一番に考える事が出来ると会話が溢れ続けるのです。

女性が勝手にあなたを好きになる女性心理をついたメール術とは?

さっそく知り合った女性とメールをしようと思ってもどんなメールをしたらいいのか分からない・・・・

そんなあなたでも数通のメールで女性を思い通り動かす事ができるメール術を公開します!